« 数学を変えた14の偉大な問題 | トップページ | 夜と霧 »

2015年4月 5日 (日)

耄碌寸前

森鷗外の長男、於菟の文と最初に出会ったのは水戸市の「大人日和」とか言う雑誌に有った吉田さん(吉田石油会長)のエッセイだと思う。エッセイの中で引かれた文に興味を持った。医学者である於菟から見ると「生理的には男性よりも女性が上位にあると思っている。寿命も長く、病気への抵抗力もあり、しかも生殖機能において子孫を生み出すという絶対的な優越性をもっている」「男性は本来優秀であるがために立派な仕事を残すのではない。むしろ生物学的に劣っているので、その劣性を挽回するために仕事に打ち込むのだ。男性から仕事を除いたとき、彼は首輪を外された犬のようにみじめになる。」「男性は思春期になると女性の裸体を見ただけで精神の平衡がすべて失われ、その場で欲求を満足させなければブラストレーションが行われ、心理的に不幸になるという宿命を背負わされている。」など、

思い当たる考察が引用されていた。ただ、「なきがら陳情」は何処で読んだ覚えがある。文豪の長男としてうまれ於菟が、抑制の効いた達意の文で父のこと、日常の何気ない事、人生に対する考え方を書いている。抑制は効いているが血の温もりを感じる。父への深い尊敬と文豪の家族、日常のエピソードを紹介することで文豪を世間に良く理解して貰いたいという思いが伝わる。

 

森 於菟

みすず書房

« 数学を変えた14の偉大な問題 | トップページ | 夜と霧 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/154346/59536864

この記事へのトラックバック一覧です: 耄碌寸前:

« 数学を変えた14の偉大な問題 | トップページ | 夜と霧 »