« 2012年4月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年8月17日 (金)

こころ

夏の休暇に読みたいと思っていた本です。高校生の頃から読みたいと思っていたがなぜか今まで読むことがなかった。

この前に「1Q84」を読んだ。「1Q84」ではセックスは挨拶代わりでするものであったが、「こころ」は愛、金、思い込みそして裏切りに関する人間の心理を見事に描いているがセックスのシーンは1つとしてない。扱っているテーマは2つとも同じといえるが、村上春樹の小説が現実と幻想の世界であるのに対し夏目漱石のそれが現実世界であるからか?

「こころ」の中で最も面白く、読めたのは「先生と遺書」である。お嬢さんをめぐってライバル関係にあったKが自殺したのはなぜか?お嬢さんと知り合ったのは先生の方が先であり、奥さんが先生とお嬢さんが結婚することを承知したのだから、仕方ないとは考えられなかったのか?また先生も自殺しなければならなかったのはなぜか?先生はKの遺書を最初に読みそこに自分の裏切り(恋の駆け引きを裏切りというかどうかも疑問であるが)に対する恨みつらみが書いてなかったことに安堵する。お嬢さんや奥さんに悪く思われたくないという気持ちと物足りなさがとてもよく描写されている。先生はKの自殺後、お嬢さんと結婚し学問に傾倒する。しかし、自分が、自分に正直であったKを追い込み、裏切り自殺に追い込んだ重みに耐えきれず自殺してしまう。人生はコントロールできるものと考えられる人だからそうしてしまったのだろうか?

それに比べ、先生や私を取り巻くおじさんや両親の俗物さの描写も面白い。自分の利益のためであれば、多少の裏切りや見栄は当然という普通の人々である。わたくしも後者の人々に属する。だからこそ先生や私みたいな時代があったことを懐かしく思うのかもしれない。

1Q84

Book1からBook3までの感想

面白い本である。高い人気を誇る小説であり、一度読んでみたいと思っていたが、読みだしてみると噂にたがず、あきさせないストリーであった。今住んでいる世界は唯一の世界なのか?それとも月が2つあるような別な世界があるのか?宗教とは人を救うのか?人をだますものなのか?カラマーゾフの兄弟にあったような問いかけ。現実とはなにか。勇気とは何か。現実から逃げだす人達が描かれている。弱い心を持つ普通の人たち。それゆえ共感を呼ぶ。スリリングな展開。飽きさせない。BOOK3でおわりなのか?1Q84から1984に戻ってきたので終わりでも良いのかもしれない。人の数だけ人生がある。見ようとしているものしか見れない。ここは見世物の世界。何から何までつくりもの。でも私を信じてくれらすべてが本物になる。われわれは遺伝子のキャリアに過ぎない。もしそれだけの役割であれば何で悩むんだろう。人生の価値とは何か。職務を全うすること。子供をそだてること?それだけではないだろう。豊かな人生とは何か?その人なりの生き方しかできないし、それはそれで価値があると思う。人生に正解があるとすればそれは他の人に迷惑をかけないことかもしれない。いろいろな読み方ができるし考えさせる本である。

« 2012年4月 | トップページ | 2013年1月 »