« 老いのレッスンⅡ | トップページ | シンメトリーの地図帳 »

2011年2月 6日 (日)

ノルウェイの森

自分の学生時代、そして若かったころを思い出すような小説でした。主人公は良く女の子と寝る。まるで寝ることがあいさつであるかのように。もちろんこの小説はポルノ小説ではないし、この本の語りたいことは男と女が理解しあうことの難しさと思う。男が女にひかれる、愛するとはどういうことだろう。そして女の愛とは何か?こんな根源的なことを真剣に考えさせられる小説である

村上春樹

« 老いのレッスンⅡ | トップページ | シンメトリーの地図帳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老いのレッスンⅡ | トップページ | シンメトリーの地図帳 »