« あの日にドライブ | トップページ | 海辺のカフカ »

2010年1月11日 (月)

幼年期の終り

地質学的には地球年齢は46億才で1年に置き換えてみると最初の人類が誕生した(約400万年前)のは大みそかの午後6時と言われている。そして現在はキリスト生誕からわずか2千年である。0.2秒程度の時間でしかない。この小説の設定は1970年代半ばで人類が最初に宇宙に進出しようとしていた時期である。(アポロが月に着陸したのは1969年だから実際にはこの小説より早い)。

この小説が書かれたころは核戦争の脅威も高かったころである。小説ではそうした時に突如、圧倒的な知力と力を持つ宇宙人(オーバーロード)が現れ人類をコントロールする。彼らは人類に核を放棄させ、人類社会をユートピアに変える。すべてはオーバーロードの監視下におかれ、戦争や飢餓そして殺人事件などもなくなる。人類に母親の胎内にいるような安心感がもたらされる。しかし人類が次の種に変化してゆく時オーバーロードは目的を達成し静かに地球を去ってゆく。幼年期とは人類が争いに明け暮れている時期をさすものと思っていましたが、クラークの描くものは違っていた。現在の人類ではなく次の種の誕生を待つという設定である。私は人類は核や戦争をいつの日にか克服できると考えたいがクラークは、少なくともこの小説の中ではそう考えていない。

前半は面白く読めたが後半のオーバーロードの故郷の部分は退屈でした。これは私はSFに興味がないためである。しかし「われわれはどこから来てどこへゆくのか」という疑問はある。本書はそれに対するひとつの答えであると思う。また本書には科学者としてのクラークの冷静な判断と啓蒙家としてのクラークの未来への希望がある。小説の中で人類の自主性、主体性を確保した地域アテネが出てくる。小説の後半で読んでいて面白いのはこの部分でした。

未来は誰も分からない。しかし自分の人生そして大きくは人類の未来について考えを巡らせ、工夫してゆくのが人類の生き方ではないのか

アーサー・C・クラーク 著

福島正美 訳

早川書房

« あの日にドライブ | トップページ | 海辺のカフカ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あの日にドライブ | トップページ | 海辺のカフカ »