« ハイゼンベルクの顕微鏡 | トップページ | 不思議な数eの物語 »

2007年7月26日 (木)

月と六ペンス

なんだか小説が読みたくなってこの本を手にしました。まだ若かりし高校生の頃読んで面白いと思った本です。考えてみると高校や大学の頃は、いわゆる名作というのを面白く読めた。ところが社会人となり仕事が忙しいせいか、人生なぜ生きるといったテーマの小説よりどう生きるといった歴史小説や自分が関心のある分野、最近は素数や無限といった具体的なテーマでないと読めなくなってしまった。小説という虚構の世界よりも実際の人間が生きたものにしか共感を覚えなくなったのか。それだけ余裕がない生活をしているのだと思います。

さて、「月と六ペンス」ですがモームの人生に対する皮肉が痛烈です。ストリックランドが天才だという評価が下ると彼の元妻は、私は彼の妻でしたと周りの人に分からせようとする。実生活でもこの類の話には事欠かない。小説の語り手である私がストリックランドの絵を最初に見せられたその時は理解できなかったことを言い訳がましく言う辺りは実に滑稽である。このような描写がこの小説の真骨頂であると思う。

ストリックランドが無名だった頃から彼の天才を理解していた極めつめのお人よしのストルーフェ。モームはこの小説のなかで親切だった人が突然犯罪を犯したり、意地悪をしたりまた逆に悪人が善行をしたりと人生は如何に矛盾に満ちているかというようなことを言っているし、確かにその通りと思うがことストリックランドとストルーフェに関しては当てはまらない。前者は徹底した悪人だし後者は何をされようとお人好しである。

あとがきの中でゴーギャンとストリックランドは共通点よりも相違点の方が多いと書かれている。ゴーギャンは妻子を捨てたが、子供や妻に対する愛情は別れてからもありそれは深いものだったらしい。彼の絵が人の心を打つのは見る人がそういった人間くささ、愛情を感じるからであると思う。音楽であれ絵画であれまた彫刻にしても偉大な芸術は人の心を動かす。偉大な芸術家はそれ以前に偉大な人間であると思う。ただ偉大な芸術家はいないのではないか?そういった意味でストリックランドに人の心を打つ絵が描けたのというのは小説の世界でしかないことだと思う。でも皮肉屋のモームの芸術家の理想像はストリックランドであったのであろうか。

月と六ペンス (地球人ライブラリー) Book 月と六ペンス (地球人ライブラリー)

著者:ウィリアム・サマセット モーム
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« ハイゼンベルクの顕微鏡 | トップページ | 不思議な数eの物語 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイゼンベルクの顕微鏡 | トップページ | 不思議な数eの物語 »